40代の女性の頭皮はなぜ臭い?オジサンは常識の加齢臭が臭う場所とは?

40代に入ると次第に女性らしくいようと思っていても、体のメンテナンスが増えてきたり気になる事が増えてきて気持ちに余裕を持ちにくくなってきますよね。
心に余裕が持てない原因の一つが「頭皮の臭い」だという人も意外と多いと思います。

何故女性の頭皮が臭うのかをご紹介します。

また、おじさんには常識の加齢臭の臭う場所、知らないと臭いを放っているのに気が付いていないかもしれませんよ!

スポンサードリンク
 

40代の女性の頭皮が臭い理由は?

頭が臭うのはオジサンの特権だと思っていた人も少なくはないでしょう。
そう、いわゆる加齢臭は歳を重ねるごとに醸し出せるニオイともいえるもので、男性だけではなく当然女性も加齢臭はあります。

女性=臭くないというイメージがあるのは、女性ホルモンの働きのおかげといっても過言ではありません。

女性ホルモンと加齢臭の関係

女性ホルモンは皮脂の分泌を調節する働きがあるので、皮脂が多く分泌されれば抑えようと働きます。
逆に皮脂が少ないと感じれば、皮脂が増産します。

皮脂はどちらかと言えば悪者扱いされることが多いのですが、皮脂は皮膚の乾燥を防いでくれる働きがある優等生なんです。
ただ、分泌のバランスが崩れてくることが良くないことなんです。

例えば、頭皮の臭いが気になって朝晩2回シャンプーしてみたり、ゴシゴシと力を入れて髪を洗うと皮脂が必要以上に洗い流されてしまい、頭皮は爪で傷つけられ皮脂も少なくなって頭皮が乾燥すれば、頭皮を守る物がなくなってしまい、雑菌に晒されてしまうでしょう。

そして更年期に入ると女性の体内では「女性ホルモン」が減少し始め、男性ホルモンが優位になってきます。
すると、これまで皮脂の分泌をコントロールされていたけれどコントロールされなくなり皮脂が多く分泌してしまう事もあります。

更に、私たちが若い頃は存在しなかった「ヘキサデセン酸」が増えてきます。
そして常在菌がヘキサデセン酸を含んだ皮脂を分解することで加齢臭の元となる「ノネナール」を発生させます。
つまり、「ヘキサデセン酸」が加齢臭の源であり男女関係なく臭う原因という事です。

勿論、ヘキサデセン酸だけが臭いの元ではありません。

ジャンクフード、スナック菓子、ジュースや炭酸飲料などの飲み過ぎ、お酒やタバコ、ストレスなど様々な要因で生活リズムが崩れてくると、活性酸素が増加してしまいます。

普段活性酸素は体内に侵入した細菌を退治してくれる頼もしい存在なのですが、活性酸素が増えすぎると健全な細胞までも攻撃し体内の細胞が錆びてしまいます。

これも、代謝が悪くなり体内のバランスが崩れてしまい結果的に臭いの要因となってしまうのです。

スポンサードリンク

女性が加齢臭に気を付けなければいけない場所は?

加齢臭を発するのは主に上半身ですが、やはり面積の大きさと位置からして密着せずとも臭いに気づかれやすいのが頭部ですよね。

そして臭いの元は首回りに溜まりやすいと言われています。

更に厄介なのが、この臭いはこびりつきやすいのでシャワーぐらいでは落ちないんです!
ですので、お風呂に入ったら耳の裏、襟足部分、首の後ろ、肩、背中をゆっくり丁寧に洗いましょう。

勿論、髪も身体もしっかりと洗い流して石鹸やシャンプーが残らないようにするのも大切ですよ。

さいごに

頭の臭いが気になって頭はしっかり洗いたくなる気持ちはわかります。ですが、1日に何度も頭を洗えば頭皮を必要以上にいじめてしまいますし、必要最低限の皮脂も流れ落ちてしまいます。

そうなれば、もっともっとと身体は皮脂を作ろうとしてしまい「いたちごっこ」になっちゃいますよね。

1日に1回のお風呂でも十分なので、次はゆっくり丁寧に身体と髪を洗うようにしてみましょう。

そして、気にしすぎもストレスになっちゃって、余計に状況が悪化する事もあるので頑張って気にしないようにしてみましょう!

個人的におススメなのが、ヘッドスパ!時には毛根についた汚れをしっかり落としてもらい、血流アップするマッサージなどのお手入れをしてみてはいかがでしょうか?
素人では分からない知らない出来ない技術がそこにはありますよ!

スポンサードリンク
関連記事とスポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする