赤ちゃんが寝るときは暖房はつけっぱなし?服装など寒さ対策は?

寒い冬が到来!!
大人でも寒さが身に染みる季節は夜の寝室の寒さは格別ですよね。
そんな寒い部屋で赤ちゃんを寝かせるのは躊躇ってしまいますが、どんな寒さ対策をすれば赤ちゃんもママもパパも快適に
眠れるのでしょうか?
私が体験した冬の寝る時の対策をご紹介します!!

スポンサードリンク
 

赤ちゃんが寝るとき暖房はつけっぱなしでも大丈夫?

我が子は夏生まれだったので生まれて直ぐは肌着一枚で過ごす事が出来たので楽だったんですが、あっという間に冬到来!
困ったのは暖房です。
私自身が乾燥に弱い事もあり、寝室は基本的に暖房は付けず過ごしていました。
でも、息すら白くなる寝室で赤ちゃんを寝かす事に抵抗を感じたので色々調べていると衝撃的な事が分かりました!!

暖房をつけっ放しにすると、空気が乾燥し湿度はどんどん減ります。
そうなると、赤ちゃんは脱水症状を起こしてしまうんだそうです!!

これを知って余計に暖房を付けない事を心に誓ったのですが、深夜の授乳時に問題が発生!
授乳が終わり赤ちゃんが寝息を立てたので、そっと布団に戻したら布団の冷たさで起きちゃった(+_+)
ということで、暖房を付けない事が前提で布団の温もりを維持する為の対策を練る事になりました。

色々試したんですが、一番効果的だったのが湯たんぽです。
雑貨店で購入した簡易的な湯たんぽを授乳時に使うお湯をそのまま移しておくと楽ちんですが、完全母乳の場合は授乳中にお湯が沸くように
しておきましょうね。

授乳が終わったら赤ちゃんを布団に戻す前に湯たんぽを入れて、少し布団を温めてから寝かすとOK!
私は自分の腰辺りに湯たんぽを移動させて、腰を温めてました(笑)

暖房を付けたい場合は、寝るまでに部屋を暖める程度にして寝る直前には暖房を切り寝室に濡れたタオルを干しておくと空気の乾燥を防ぐことが出来ますよ。
湿度は40~60%が最適なんですが、何もしない部屋はあっという間に40%を下回ります。
乾燥気味の室内だと子供は風邪を引きやすくなるので、室温もそうですが湿度にも気を配りましょうね。

赤ちゃん寝るときの服装冬は何を着せる?

暖房をつけっ放しに出来ないなら、寝る時の服を厚手にしてあげないと風邪ひいてしまう!!と心配しちゃいますよね。
ですが、赤ちゃんは体温調節がまだ上手に出来ないので必要以上に温めてしまうと、かいた汗で逆に風邪を引いてしまうんです。

でも、授乳時にビックリするママも多いと思いますが、赤ちゃんがオッパイを触った時にビックリするぐらい手が冷たい!!
気になって足を触ると足も冷たい!!
私、深夜に焦り慌ててミトンを手にはめてレッグウォーマーを足にはめましたが翌朝にはミトンはどこへやら(^^ゞ
レッグウォーマーは辛うじてくるぶしで留まっていました(笑)

翌日より温かいミトンと脱げにくいレッグウォーマーを探しにベビー専門店へ買いに行きました。
そこで初めて私は「スリーパー」に出会いました。
普通のパジャマにスリーパーを着せるだけで、赤ちゃんは綿毛布を一枚羽織っているような温かさだと知り即買い!
この日以来、3歳になる今まで冬は必ずスリーパーを着せています。

赤ちゃんって布団を蹴飛ばしてしまうので、気づくと何も被っていない状態で心配になりますがスリーパーを着ていれば安心ですよ。
可愛い柄も沢山あるので洗い替え込みで2枚あると便利ですよ!

スポンサードリンク

赤ちゃん寝るときの寒さ対策は?

赤ちゃんが寝る時の環境は大人と違って色々サポートしてあげなくてはいけません。
なんといってもまだ生まれて数か月!!大人と同じことが出来る訳ではありませんもんね。

寝る1時間程前から部屋に暖房をいれて室温を20℃程にしておきましょう。
暖房がない場合は、湯たんぽを使うと良いですよ。
湯たんぽがない時は、ペットボトルにお湯を入れて布団に入れておくだけでもバッチリ効果があります。
その時は、ペットボトルをタオルで包むなどして火傷対策をしておきましょう!

湿度の調節の為に加湿器もしくは濡れたバスタオル(フェイスタオルでもOK)を寝室にかけて湿度40~60%をキープ!
赤ちゃんのパジャマは出来れば綿素材がおススメですが、パジャマの上から袖なしのスリーパーを着せておく。

これで寒さ対策はバッチリ!!
布団に入る前に暖房のスイッチを切ればこれでぐっすり眠れますよ。

我が家は寝室用の加湿器を買うまでは、夜のお風呂で使ったタオルをそのまま寝室にかけて湿度対策してました。
今では加湿器を購入したのでタオルを使う事はなくなりましたが、油断すると部屋がすぐに乾燥するので気が抜けません(-_-;)

さいごに

赤ちゃんが生まれたことを喜んでいる暇もないぐらいに色んな事が心配になりますよね。
室温や湿度に暖房は大人になっても気を付けて行かなくてはいけない事なので、今の内から湿度と室温に気を配る生活を送ると
家族全員風邪を引きにくい体にする事が出来ます!

スリーパーは寝る時以外にも寒い冬の朝にも重宝するので、1枚持っていると便利なので本当におススメです。
しかもガーゼ素材なら夏場も使えるので、エアコンなどで寝冷えするのを防ぐこともできるんですよ。
裁縫が得意なら手作りして世界で一枚だけのスリーパーもステキです!!

スポンサードリンク
関連記事とスポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする