子供が車で嘔吐した時の応急処置や掃除、臭い消しの方法は?

冬になるとウイルスが原因で嘔吐する確立が跳ね上がります。
乗り物酔いしやすい子供をもつママは特に気が気ではありませんよね。

更に冬場は商業施設内で買い物中、突然子供が嘔吐する事も起こるので気が抜けません!!
特に車の中で嘔吐すると、子供への応急処置や掃除、その後の臭い消しなどやる事はてんこ盛り!!

普段乗り物酔いしない子供でも、冬場は車の中で嘔吐しやすくなるので応急処置や掃除の仕方をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク
 

子供が車で嘔吐したときにやるべき応急処置

普段から車に乗ると嘔吐しやすい子供を持つママなら、既に自家用車は万全の対策が施されていると思います。
冬場は車内が温かく乗り降りの時ぐらいしか空気の入れ替えをしないので、気分が悪くなりやすくなるので乗り物酔いしにくい子供でも
注意が必要なんです。

もしも車の中で子供が突然嘔吐してしまったら…慌てますよね(-_-;)
ですが、まずは落ち着いて車を安全な場所で止めましょう。
この時高速道路を走行中ならPAやSAですし、一般道ならコンビニやスーパー、ガソリンスタンド、洗車場といった水道が使える場所が理想的です。

何故なら、まずは嘔吐した物が付いた子供の服を脱がせ顔や手を洗い、うがいをさせます。
この時つい直ぐに水分を与えがちなんですが、これがダメ!!
我が子が嘔吐した時にかかりつけの小児科医から教えてもらったんですが、吐いてすぐに水分を与えてしまうと飲んだ水分量以上に再び嘔吐してしまうそうです。
しかも、この時に胃液まで失われてしまうので脱水症状にならない為に飲ませた水分のせいで、脱水症状が更に強くなってしまうのです。

なので、嘔吐後に飲ませる水分は一口飲んだらちょっと時間をあけて100ccを1時間~50分ぐらいかけてゆっくり飲ませてあげましょう。
この時飲ませるのは経口補水液の子供用かイオン水、飲めるならスポーツ飲料がおススメです。

子供がいつ嘔吐しても良いように普段から持ち歩いている着替えと一緒にビニール手袋とビニール袋は必ず持ち歩いておくと便利で安心ですよ。
私はポーチの中にビニール手袋とビニール袋、アルコール消毒できるウェットシートを一纏めにして入れています。
子供は本当に突然嘔吐しますからね(-_-;)
お店の中ならクリーンスタッフを呼んで掃除をしてもらう事が出来ますが、車の中だとそうはいきませんからね…

車で嘔吐したときの掃除方法は?

では車の中で嘔吐した時、いったいどうやって掃除をすれば良いのか?
車だと丸洗いする訳にはいきませんので、丁寧に掃除をする必要があります。

まずは新聞紙や不要なタオル・雑巾などで取り除きます。
そしてシートの目地などに嘔吐物が染み込んでいる事もあるので、濡らした雑巾やタオルでシートについた汚れを叩くようにして取り除きます。
もしもシートカバーが外せるタイプならこの時点でシートカバーを外して水道がある場所でバシャバシャと洗ってしまいましょう。
勿論洗剤は持ち歩いていないでしょうから、まずは水洗いで大丈夫です。
外出先で出来る事はここまで。

スポンサードリンク

次に自宅に戻ったら、重曹水を作っておきましょう。
そしてエタノールをシートに吹き付けてまずは除菌!!
それから作っておいた重曹水をシートに吹きかけてから、粉末の重曹を多めにシートにかけます。
上からビニールシートや新聞紙を広げて蓋をし1日~3日は放置しておきます。
最後に掃除機で重曹を吸い取れば完成!!

嘔吐物は胃酸が含まれるので、独特の臭いが車内に充満してしまいます。
ですが、残念ながらファブリーズのような衣類用の消臭スプレーは掃除をする前にしても効果が得られないので、きちんと掃除をしてから
スプレーするようにしましょう。

新聞紙やタオル、雑巾なんて普段車の中にないという場合は、まずはこれらを揃える必要があるのと水道が必要だという事です。
そうなると全てが揃っている場所でないと、最低限の応急処置も掃除も落ち着いて出来ないのです。
その為にも車を止める場所はよく考えておかないといけないのです。

一番良いのは、子供がある程度成長するまでは防水タイプのシートカバーをはめておく事です。
そして、車の中に新聞紙、雑巾3枚程度もしくはペーパータオル(洗車用)、ビニール手袋、ビニール袋(大×1枚、小×4枚)をバケツに入れて常備しておく事です。

友人の子供はママ友の車に乗っている時に突然嘔吐してしまい、その時は子供のケアで頭がいっぱいになったそうです。
ですが、後日ママ友夫婦から車の清掃代金を請求されたそうです。
更に菓子折りを持って夫婦でママ友宅へ謝罪に行ったそうですが、友人の子供に貸したジュニアシートをママ友の子供は気持ち悪がって使いたがらず新たに購入しなくてはいけなくなった事を知りジュニアシートを弁償。
自分の家の車で嘔吐するならまだあきらめもつきますが、よそ様の車の中で嘔吐するとかなり大変ですね。

車で嘔吐したときの臭い消し方法は?

嘔吐物の臭いの原因はなんといっても胃酸。
胃酸の臭いはいつまでも残るので、嘔吐物を処理しただけでは臭いは消えません。
シートの中にまで染み込んでいれば、シートを丸洗いしない限りいつまでも臭いままです。

車のシートを丸洗いなんて家庭では無理ですので、是非ディーラーなどシートを取り外して洗ってくれる所でお願いしましょう。
ただ、これが高い!!1万5千円ぐらいするそうなんです。

なので、まずは先ほど書いた掃除の仕方をしっかり念入りに行ってください。

その上で、最後には弱酸性のクエン酸水をシートに吹き付けてましょう。
やる事を全てやったら、そこで初めて消臭スプレーを吹きかけます。

さいごに

友人の体験談でも感じましたが、やっぱり車のシートにはカバーをしておいた方が安心ですね。
タクシーの運転手をしている友人は、つい先日小さい子供を連れた親子を乗せて目的地へ向かっている最中に突然子供が嘔吐。
念のためにと近くの病院に行先変更しその場で診察が終わるのを待ったそうです。
そして、料金を支払ってもらった後連絡先を交換し、後日清掃代金と逸失利益代を請求させてもらうと伝えたところ母親から激怒されたそうです。

「子供がわざと吐いた訳ではないのに、料金を請求するなんてサービス業がすることか!!!」
って(・_・;)

ですが、タクシーの車内で嘔吐されると清掃して臭いが消えるまで営業が出来ないんですって(+_+)
ということは、歩合制のタクシー会社ですから友人は3日程客を乗せる事が出来ず売上金がゼロというわけです。
しかもタクシー会社ってサービス業じゃないもんね~

話しは横道に逸れましたが…
嘔吐した子供もしんどいですが、残った臭いでまた気分が悪くなったり、吐いた事を思い出して再び吐く事もあるので
掃除はしっかりしておきましょうね。

こちらも是非ご覧ください♪
スポンサードリンク
関連記事とスポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする