ノロウイルス牡蠣で罹る確率は?加熱や冷凍をすればノロは大丈夫?

年が明けて寒さもより厳しくなってくると、海のミルクと言われる牡蠣が美味しいシーズン突入です。
それと同時に流行りはじめるノロウイルス。
特に原因と思われがちな二枚貝の代表格である牡蠣は、何かと悪者になりがちですよね。

冷凍や過熱をすれば大丈夫なのか?

ですが牡蠣を食べずに冬は終われない!!でもノロは遠慮したいという貴方に牡蠣に代わって伝えたい事があります!

スポンサードリンク
 

ノロウイルス牡蠣で罹る確率は?

牡蠣は海の中で一日300~400リットルという大量の海水を吸っては吐いているのです。
すごいですよねー!!あの小さい体でそんなに?!とビックリしてしまいます。

そして牡蠣が養殖されているのは栄養豊富な河口付近で、当然河口ということは生活排水やら何やらが流れてくる海の玄関口です。
なので、私達から排出されたウイルスや細菌が混じった水を牡蠣が摂取しているということなのです。
ただ、生で食べる事もあるのは二枚貝の中で牡蠣が一番メジャーなのでノロ=牡蠣という図式が出来上がってしまうんでしょうね。

では牡蠣を食べたら100%ノロウイルスに罹るのか?というとそうではないんです。
水質汚染されていない海域で育った牡蠣しか市場には出回らないので、信頼できる水産会社が売っている牡蠣なら概ね安心です。
でも、調理した人や配膳した人などによる二次感染の方が圧倒的に多いんです。

加熱用と生食用では細菌の量に違いがあるので、加熱用なのに生で食べたり加熱が不十分だとノロに罹る確率が跳ね上がるという訳です。
特に体調不良の時は加熱してあっても牡蠣は避けた方が無難ですよ!!

ノロウイルスは加熱すれば大丈夫?

ノロウイルスは加熱すれば安心と思ってませんか?
勿論加熱することでウイルスを死滅させることが出来るんですが、実は加熱しているようで牡蠣の中心部は加熱が不十分な事が多いんです。

個人的に牡蠣料理の中で難しいのが「牡蠣フライ」!
加熱用の牡蠣で牡蠣フライを作るんですが、衣はカリッとして美味しそうなのに中はべちゃ~としていて明らかに加熱不足!!

ノロウイルスを死滅させるためには中心部を85~90℃で1分半以上加熱しなくてはいけません。
牡蠣フライはだいたい2分ぐらい油で揚げるのが一般的ですが、私は2分待てずに1分半ぐらいで油から出していたのでもしかしたらウイルスが完全に死滅していなかったかもしれません。
しかも、牡蠣フライを作る時の揚げ油が少なくて牡蠣が十分に油の中に入らないのもノロウイルスを死滅する事が出来ないんです!!

油が少ないと牡蠣の中心部を万遍なく加熱する事が出来ないので、牡蠣に限らず揚げムラが出来てしまいますよね。
揚げムラによってノロウイルスが生き残ってしまい、感染してしまうのです。
二枚貝を調理する時は、油をケチらずキッチンタイマーを使ってしっかり加熱するようにしましょうね!!

そして、何よりも大事なのが二枚貝を触った手は必ず洗う!
調理器具もその都度洗い使いまわしをしないこと!!
調理器具は特に使用後は熱湯をかけて消毒すると安心なので、牡蠣料理をする時はポットでお湯を沸かしておくと直ぐに熱湯消毒出来ますよ。

スポンサードリンク

牡蠣のノロウイルスは冷凍すれば大丈夫?

牡蠣の保存方法といえば、やっぱり冷凍が主流ですよね。
我が家の冷凍庫にも牡蠣がストックされています♪(牡蠣鍋にしようか、蒸し牡蠣にしようか楽しく迷ってます☆)

ですが、先ほど書いたようにノロウイルスは加熱する事で死滅するのですが、冷凍したって死滅しないんです。
人間なら冷凍庫に長時間いたら死んでしまいますがウイルスは死なない!!
なので一度でも冷凍した牡蠣はしっかり加熱してから食べるようにしましょうね!

そして冷凍する時もコマメに手を洗い、調理器具は殺菌したり使いまわしをせずその都度洗うようにして二次感染を防ぎましょう!!
調理器具にウイルスが付着しているのに軽く水洗いしただけで、他の料理に使うと二日以内に発症しちゃいます(-_-;)
ノロウイルスはあくまでも人によって感染し拡大してしまうのです!!

さいごに

数年前にB型とAB型の人はノロウイルスに罹りにくいという眉唾的な話を聞いたんですが、聞いた直後に実家の母(B型)がノロに感染!!
血液型は関係ないと実感しました(笑)

手洗いが不十分だったり、調理に問題があったり、体調が良くないのに我慢して出勤したりこれぐらいなら大丈夫だろうと判断してマスクをしない、
手洗いをしない、といった行動が原因でお店や自宅でノロウイルスに感染している事が多いですよね。
私がスーパーで働いていた時に学びましたが、ノロウイルスに感染すると職場に多大なる迷惑をかけ更に家族も巻き込んでしまうんですよね。
(感染した従業員が歩きそうな通路や触ったであろう物、部屋は全て消毒しなくてはいけなくてとっても大変だった!!)

牡蠣料理を食べる時は万全な体調でしかも調理方法にも細心の注意を払って美味しく安全に食べましょうね♪

こちらも是非ご覧ください♪
スポンサードリンク
関連記事とスポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする