工務店の注文住宅は契約前の見積もりは取れる?値引き交渉は出来るの?

家を建てる時にハウスメーカーに注文する人も多いですが、工務店に頼むというのも最近では増えてきているのをご存知ですか?
何となく工務店と聞くと、大手ハウスメーカーよりは逆に敷居が高くて見積もりを依頼したら値引き交渉の余地もなくそのまま本契約になっちゃうんじゃないの?!と
思っていませんか?

スポンサードリンク
 

工務店での注文住宅見積もりは無料で取れるの?

最近の工務店は昔ながらの工務店っぽさは消えて、何だかとってもオシャレ!!
本当に工務店?!本当はハウスメーカーじゃないの?とすら思ってしまいます。
それぐらいパッと見ただけでは工務店とは気づかない所も増えてきました。

工務店といえば大手ハウスメーカーの子会社的な存在でしたが、勿論工務店に直接依頼して家を建ててもらう事も可能です!
ただ注文住宅を建てる決意をすると、経験豊富な営業と設計士さんがオシャレな間取りをささっと書いて見積もりも無料でしてくれるんですが同じことを工務店でも無料で見積もりを出してくれます。

私も注文住宅を建てたいと思った時に工務店に見積もりを依頼しましたが、工務店はそれほど営業の人数を確保していないのでまず最初に工務店の実績と建てた家の写真などの資料が送られてきて、「資料をしっかり見た上で当社に見積もりを依頼したいのであれば連絡ください」と書かれていました。
本当にその工務店で家を建てたいと思った人には営業が責任と熱意と誠意を持って最後まで面倒を見てくれるんですね。
この辺りは、ちょっとハウスメーカーと違う距離感ですよね。

ハウスメーカーでは数多くの営業がいて、設計士も数多く在籍していて、こんなことを言ってはなんですがその時手の空いている設計士がざっと間取りを書いてそれを見て営業が金額を計算していきます。
これは私の偏見かもしれませんが、断られることが大前提でも平気なハウスメーカーはやはり工務店よりは知名度と社会的信用度があるので、ちょっとイベントを開けばお客の方から寄ってくるけれど、工務店だと全てが全力!!

つまり、無料で注文住宅の見積もりはしてくれるけれど、価格を知りたいだけという軽い気持ちで見積もりは取らない方が良いです。
本気で候補に挙がっている工務店にだけお願いした方が良いですよ!!

工務店で出してもらった見積もりは値引き交渉できるの?

では工務店で出してもらった見積もりを見て、それが精一杯の価格かどうか?
というと、多少の値引き交渉は可能です。

それは打合せによってコストを下げることが可能なので、費用は何度でも変化していきます。
壁紙や窓の大きさ、ガラスの質によって値段は全然違いますので、どこがより高いのか?価格を下げることは出来るのか?
またはランクを下げても問題がないのかは、交渉によって簡単に変化します。

勿論、見積もり価格を見てもうちょっと安くしてほしいと値下げ交渉は出来ます。
恐らくは、工務店側から「ではここはこれではなくこっちのランクにしましょう」という提案が出たり、この部分はサービスで行いましょうと申し出てくれたりします。
つまり、営業や設計士さんとの相性も値引き交渉には重要ポイントなんです!!

ですがおだてたり、よいしょし過ぎるのは逆効果!!
正直に手の内を見せて予算を伝えておくのも効果ありますよ。

これは友人の実体験ですが、両親の知り合いの工務店で家を建てることになり見積もりを出してもらったそうです。
知り合い価格で値下げしてあったんですが、それでも友人夫妻にはちょっと高額!!
見積もり価格には建物だけで1500万円!
友人夫妻はいかに500万円削るかは想像できなかったので予算を正直に伝えたそうです。

すると、注文住宅で1000万円という破格値の見積もりが後日送られてきました。
間取りはシンプル!
それでも最初にざっくり伝えた夫婦の希望は随所に散りばめられていたそうです。
合った方が良いけれど、実は無い方が生活には便利な事が多く、その部分を徹底的に削ってくれたそうです。

ハウスメーカーだと手の内を先に見せると、相手にしてもらえない事もあるのに対して工務店はその予算に沿うようにお客様に寄り添ってくれるそんな温かい所です♪

スポンサードリンク

工務店とハウスメーカーで相見積もりするのはあり?

そうはいっても、ハウスメーカーの良さと工務店の良さを天秤にかけると最終的な判断は結局は金額!
同じ間取りで見積もりを出させることを「相見積もり」と言うのですが、高い買い物ですから同じ物なら安い方が良いに決まっていますので相見積もりをする人は多いです!!

ですが、よくよく考えてください。
これは私が実際に工務店に教えてもらった話なんですが、ハウスメーカーはやはり建てる家の数が工務店とは比べ物になりませんので、小さな備品一つをとっても大量に仕入れるので単価がやはり安めの設定です。

それに引き換え工務店はそれほどのストックを持たないので、大手ハウスメーカーよりは単価が上がるでしょう。
更に、断熱材などもハウスメーカーによっても工務店によっても仕様が異なり単価も変わります。

住宅は細かく見比べれる程単純な構造ではないので、相見積もりをする事は可能ですがあまりおススメできません。

勿論、相見積もりと知れば大手ハウスメーカーはより安く見積もりを出してくるでしょう!
断熱材や壁紙、柱など全てにおいて工務店とハウスメーカーが同じ物を使っての相見積もりは恐らくは出来ないでしょうし、そこまで私達がチョイス出来るほど知識はないですよね…

なので、もしも相見積もりをするのであれば住宅の基礎工事部分に違いがある事を納得したハウスメーカーと工務店に同じ間取りでの相見積もりをするなら良いと思います。

さいごに

決して工務店は気軽に訪ねられない所ではありません。
どちらかと言えば、お客様との距離感がより近くてアットホームなのは工務店だと思います。

ただ工務店を選ぶ時は、やはり実績や施工例だけではなくどの銀行が信頼しているのかなど提携している銀行なども見ておく方が良いですよ!!
これはあくまでも個人的な考えですが、工務店のリフォーム施工例も要チェックです!!
古い住居をいかに暮らしやすい空間に変えられるのかは、家づくりに置いてとっても重要だと思っています。

工務店が建てた友人の家は、数年おきに住居の定期点検があるのですが担当の設計士も一緒に点検に訪れるそうです。
その時に、住んでいて不便な所はないかなどを聞いて、簡単なDIYも教えてくれるそうなんです!!
これを聞いて、工務店で家を建てるのもありだったなーとちょっとだけ後悔しました(笑)

スポンサードリンク
関連記事とスポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする