そうめんに虫がわかないための保管場所は?保管期間はどのくらいOK?

素麺を食べようと出してくると、
袋の中に小さい茶色い虫がいたなんて経験ありませんか?

素麺に限らず、例えば家の中を小さい虫が自由に飛び回っていたり・・・

すばしっこくて、あっという間に大量発生するこの虫は見つけたら即座に駆除!!
放置しておけば素麺以外にも被害が拡大してしまいますよ・・・

では正体と駆除の仕方をご紹介します!

スポンサードリンク
 

そうめんから虫がわく?この虫何?

素麺についている虫は、恐らくこげ茶色で体長2~3mm程度のゴマぐらいではないでしょうか?
それは「シバンムシ」です!
特に一般家庭の屋内でよく発生するのがタバコシバンムシです。

シバンムシはとにかく乾燥した食べ物が好きなので、
素麺を筆頭にパン粉、乾麺(蕎麦やうどん、パスタ)、ペットフード、干しシイタケ、
小麦粉、カレー粉、ゴマ更にはポプリやドライフラワー、
恐ろしい事に畳!(わら床)にも発生しちゃうんですよ!!

私達の台所にはこれらが必ずと言っていいほど保存されていますよね。

コバエとはちょっと違う感じだなと思ったら、おそらくはシバンムシですね。
シバンムシは厄介なことに越冬しちゃうところです!

また、幼虫には「シバンムシアリガタバチ」が寄生して時に人を刺すのでシバンムシの成虫を見たら必ず駆除しましょう!
しかも、シバンムシは年に2~3回発生するし、産卵数は少なくて30個多ければ100個!!

でも、殺虫剤で簡単に退治出来るんですよ。

問題は、シバンムシが潜んでいる所の特定です。
シバンムシはかじる力が強いので、外包のビニールなんていとも簡単に穴を開けて外に飛び出しちゃいます。

素麺に虫がいても、バラして直射日光にしばらく当てておけば虫は逃げていきます。
しっかりさばいて他に虫がいないかチェックして、虫がいなければそのまま茹でて食べても害はありません。
(素麺の製造メーカーのHPに記載されています)

ただ、気持ちの問題では食べたくなくなるかと思いますし現実から目を背けたくもなりますよね。
赤ちゃんやペットがいなければ、バルサンをすれば駆除する事が出来ます。
赤ちゃんもペットも家の中に居る時は、不快害虫用エアゾールをちょっと離れた処から吹き付ければOK!
(至近距離だと吹き飛ばすだけになっちゃいます)

駆除が終わったら、シバンムシがいた食べ物は捨ててキレイにお掃除しましょう。

赤ちゃんがいたりしてバルサンなど燻蒸タイプが使えない場合は
フェロモンで寄せるトラップ式もおすすめです。

何十匹から百匹取れたなどのクチコミもありますが、
こちらは寄せて取るので発生源は突き止められないです。

どうにか発生源を特定して駆除頑張って下さいね!

ちなみに七味の缶も危ないようですよ。
缶を開けたら幼虫がウジャウジャいたこともあるそうです。

そうめんの保管場所のおすすめは?

そうめんは湿気と室温が高い所が苦手なデリケートな食品です。
なので、床下収納や押入れは適していません。

一番良いのは、密閉できる容器で冷蔵庫もしくは野菜室で保管です。

我が家ではパスタ用のキャニスターに素麺を入れて、野菜室で保管しています。
以前はシステムキッチンの収納スペースに入れていましたが、シバンムシの被害に遭ってしまったので保管場所を変更しました。

また、素麺は匂いが強い物の傍に置くと匂いが移ってしまうのでこれまた注意が必要ですよ。
袋を開けたらジップロックの袋に入れるか、タッパー(キャニスター)に入れるかして虫やニオイから素麺を守ってあげましょう。

スポンサードリンク

そうめんの保管期間はどこまで?

メーカーによって違いがあり、私の大好きな「揖保乃糸」は3年6か月という長い賞味期限ですが
短い所では1年、半生麺なら3か月とバラツキがあります。

ただ、賞味期限はあくまでも美味しく食べられて、品質を保証されている期限なので状態がよく保管されていれば多少賞味期限を越していても食べちゃう事ってありますよね。

茹でる前の乾麺状態ならば、メーカーが記載している賞味期限内を守る方が安心安全で確実に美味しいです。
そして、賞味期限内でも虫がついていないか、カビが生えていないかを見ておいた方が良いですよ。

さいごに

素麺はよくお中元で頂く事が多く、木箱に入っているとついついそのままの状態で保管しがちです。
包装紙を開けたなら、早い内に密閉容器に移し替えておきましょう。
過去に揖保乃糸の最高級品「三神」を頂いたことがありましたが、貰った日に茹でて食べたら「これって本当に素麺?」というぐらい美味しくて、味わって食べました。

ですが、それからは勿体なくて気軽に食べれる素麺ではない!と思い収納スペースに箱のまま保管。
数か月経って、そろそろ食べておかなくてはと箱を開けたら・・・
シバンムシの餌食になっておりました(涙)

さっさと食べて満喫すれば良かったと後悔してからは、保管場所を変更し素麺は封を開けたら
さっさと食べきるようにしました。

お陰で、最近シバンムシは見かけなくなりました♪

スポンサードリンク
関連記事とスポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする