手湿疹がゴム手袋で悪化するときの対策は?ゴムアレルギーのときは?

手湿疹になると、日々の家事や仕事などに支障が出てくるので一日も早く治したいものです。

皮膚科を受診しようにも、なぜか皮膚科ってものすごく混むんですよね。
半日つぶれる事もよくあるので、時間に余裕がある時じゃないと行けません。
そうなると、自力で出来る事をネットで検索すると「ゴム手袋をつける」という言葉が多く出てきます。

では、手湿疹の出ている手にゴム手袋なら何でも良いのでしょうか??
デリケートな状態になっている手にどんなゴム手袋を選べば良いのかまとめてみました。

スポンサードリンク
 

手湿疹はゴム手袋で悪化する?

手湿疹が出ている時点で、手は乾燥しているかもしくは炎症を起こしているかのどちらかになります。
「乾燥タイプ」か「湿潤タイプ」という事になりますが、どちらも手に触れる物全てが刺激になってしまっている状態なので、ゴム手袋をはめて手湿疹が改善するかどうかを冷静に考えてみてくださいね。

ゴム手袋も色々種類があり、安価な物は内側と外側が一重でお皿など持った時の感触が分かりやすく簡単に買い換えられるタイプから
普段の水仕事が楽しくなるようにとカラフルで水が入りにくく肌にくっつかない立体形状のゴム手袋など種類は豊富です。
ですが、手湿疹の時はゴム手袋を直接手にはめるとゴムの素材が刺激になり症状を悪化させることも少なくありません。

保湿クリームを塗ってからゴム手袋をすれば、手袋の内側にクリームが移ってしまい手湿疹の部分を保護する事は難しくなるでしょう。
なので、できればゴム手袋をする前に木綿100%の手袋をはめてからゴム手袋をつける方が保湿クリームの浸透力も変わってきますし、
手への刺激も軽減されます。

手湿疹になると洗剤以外にも水やお湯、紙、衣類全ての物が刺激となるので水仕事以外の時も木綿100%の手袋をはめて家事をすれば刺激は軽減されます。
ただ、ずーっと手袋をはめているとやはり木綿と言えども蒸れてきます。
家事をしない時間は手袋を外しておいて、何かする時触るときに手袋をはめるようにしましょう。

ゴム手袋をしていても症状が良くならないどろか悪化してくる場合は、ゴム手袋の原料である「天然ゴム」にアレルギー反応があるのかもしれません。
薬を塗っても、病院で処方された薬を飲んでも、こまめに保湿をしていても症状が少しも改善されない時は、もしかしたらゴム手袋の
素材にアレルギー反応を疑ってみましょう。

スポンサードリンク

ゴム手袋アレルギーがあるときの対策は?

ゴム手袋の原料である「天然ゴム」そのものにアレルギー反応があれば木綿100%の手袋を先にはめていても、天然ゴムは水溶性なので家事の最中に蒸れてアレルギー物質が溶けだすため症状は悪化してしまいます。
やはりゴム手袋は蒸れます!木綿100%の手袋をすれば刺激は軽減されますが蒸れることに変わりはありません。

蒸れるとゴム手袋にアレルギー反応が出る人には症状の悪化が心配になりますよね。
ゴム手袋はアレルギー反応が怖いからとビニール手袋を選ぶ人も少なくはないと思いますが、蒸れるという点から見ればビニール手袋も
ゴム手袋と大差はありません。
もしビニール手袋をするのであれば、ゆとりのある大きさで使い捨てタイプを選ぶと良いですよ。

ビニール手袋だと水が手の中に入ってくる可能性があるのですが、防水加工の「水仕事用 袖口カバー」を併用すればビニール手袋の口部分を抑えられるのでストレスなく水仕事が出来ますよ。

また天然ゴムではなく「ニトリル製」を選ぶのも良いでしょう。
ニトリル製とだけ聞くと??となる人も多いでしょうが、病院で看護師や医師が処置する時にはめている手袋の事です。
ニトリル製は種類によっては内側に粉がついているタイプもあるので、粉なしがおススメ。
手湿疹の度合いが軽度であれば、ワセリンなどを患部に塗り絆創膏をつけてからニトリル製ビニール手袋をはめれば水や洗剤の刺激から
手を守ると同時に保湿ケアをすることが可能です。

楽天市場でもニトリル製手袋は数多く取り扱っています。
>>ニトリル製ゴム手袋を見てみる

こまめな保湿や保護をしたり、市販薬を使っても効果がない場合や痒みや痛みがある場合は、早めに皮膚科で診察を受ける方が苦痛は早く解消しますよ。
病院で処方される薬の中で抵抗がある物と言えばステロイドがダントツでしょう。
ステロイドにも段階があり、医師に相談すれば弱いステロイドを処方してもらえます。

さいごに

手湿疹、本当に辛いですよね。
手は毎日使うものですし、人の目にも自分の目にもつきやすいので指先がボロボロだと気分も落ち込んでしまいます。
更に痒みや痛みがあれば尚更です。

ネットを見ていると手湿疹でステロイドを使う事が怖いとか、安易にステロイドを処方する皮膚科は間違っている・怖いといった声をよく見ます。
私個人的にはステロイドでバシっと炎症を治して、まずは痒みや痛みを取る事が最優先だと思います。
最短期間、ステロイドを使ってまずは今の状況をクリアしてから保湿クリームに拘ったり、食事の内容を意識した方が心のゆとりが違うと思います。

まずは自宅で長くて1週間ぐらい様子を見て改善されなければ、是非皮膚科を受診して早く楽になりましょう!

スポンサードリンク
関連記事とスポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする