主婦湿疹にココナッツ、ホホバ、オリーブオイルって効果あるの?

主婦湿疹は肌バリアが低下し、色んな物が刺激となって反応しているというのは知っている人も多いですよね。
簡単に言えば主婦湿疹は「乾燥」が原因なので「保湿」すれば改善するんですが、この「保湿」が曲者なんです。

保湿は肌の奥が健康でないと、上からどれだけ高価な化粧水やクリームを塗っても肌の内側に成分を留めておけないので、改善には長期間必要になってしまいます。

安心安全な天然成分のオイルを使って主婦湿疹が改善したと聞き、私はもう主婦湿疹が治ったので実践できませんが、治った身とはいえとても苦労したため気になったので調べてみました!!

スポンサードリンク
 

主婦湿疹にココナッツオイルは効くの?

ココナッツオイルといっても、もちろん調理用ではありません。
「バージンココナッツオイル」が効果があると言われています。
ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は分子が細かいので肌にスムーズに浸透してくれます。
また成分のラウリン酸は母乳にも含まれている成分で、免疫力をUPする効果と抗炎症作用でお肌を穏やかに整えてくれます。

使い方はお風呂に入る1時間前に乾燥が気になる部分に塗ると、入浴中に古くなった角質がポロポロと取れてキレイな肌を保護してくれます。
入浴後もオイルを塗れば、更に肌を保護してくれます。

口コミの評判も良く、
「冬場親指が割れたりしてたのですが、今年は一度も割れていません。刺激も全くなくて安心して使えます」
「ほぼ毎日ハンドクリームとして使ってます。香りも良いし保湿効果も高く肌のキメも整います」
「ざらつきがある所につかっていると肌が大分ツルツルになり、肌に良く馴染んでくれるので気に入っています!肌に負担なく使えて、刺激も全くありません。」

といったコメントを多く見られました。

主婦湿疹にホホバオイルは効くの?

ミランダカーや女優の石原さとみさん達が愛用しているホホバオイルですが、食べて良し、塗って良しの万能オイル。
ホホバオイルといえば食品添加物として承認されているぐらい安全な植物性ワックスですが、植物性ワックスは皮膚膜を作る為の必須成分なんです。
ホホバオイルを塗ると、角質層へ浸透し蓄積され皮膚の中から保湿をしてくれるので、肌が次第にツヤツヤしてくれます。

ただ、ホホバオイルを使って湿疹部位が悪化したというコメントも見られます。
これは、ホホバオイル(植物)に対するアレルギー反応が出たのが原因のようですね。

勿論効果を感じている人も多く見られました。

肌に合わない時は、化粧落としとして使ったり踵や踝のケアに使うというアイディアを多数見られたので、手に合わない時は保湿ではなくメイク落としや足に使う事ができますね。

主婦湿疹にオリーブオイルは効くの?

オリーブオイルに含まれている「オレイン酸」は人間の皮脂に近い組織の為、肌に馴染みやすいのとオイルなのに塗ってもサラサラしているので、不快感はほとんどありません。
また、含まれているビタミンEとポリフェノールは乾燥予防や改善、そして老化の予防などにも効果が期待できます。

ただ、オリーブオイルならなんでもいいわけではなく、エキストラバージンオリーブオイルが主婦湿疹には適しています。
残念なことにエキストラバージンオリーブオイルは日本と海外では基準が違うようで、本物のエキストラバージンオリーブオイルを日本で手に入れるには、自分で色々チェックしておかなくてはいけません。

まず、遮光性のボトルに入っている事、オーガニック認証マークの有無、酸度チェック(acid 0.8%以下)、ラベルにオリーブの品種、収穫時期、原産国の記載の有無などなど。

一番間違いないのは品評会の受賞歴があるものを選ぶと良いかもしれませんね。
何よりもエキストラバージンオリーブオイルはハッキリ言って高い!オリーブオイルなのにお酒並みの値段なんですよね・・・

どれだけ良いエキストラバージンオリーブオイルを買っても、酸化してしまうと効果は期待できなくなりますので別容器に移して使う時はボトルと同じように遮光性の容器を選び、置き場所には注意をしましょう。

さいごに

「ココナッツ」「ホホバオイル」「オリーブオイル」といったオイルによるお手入れを調べて分かったことは、塗ったことで肌はしっとりするんですがそれでも水分の蒸発は防いではくれない事です。

いつもよりゆっくり蒸発するだけで、更に厄介なのはオイルを塗ったことで肌の水分が蒸発している事に気づかず、主婦湿疹が悪化してしまう事もあります。

なので、オイルはどちらかと言えば主婦湿疹の初期症状ぐらいなら効果はあるけれど、パックリ割れてしまっている状態だと炎症を抑える成分はオイルには含まれていないので、市販薬もしくは病院で処方された薬を塗る方が賢明ですね。

そして、オイルも薬と同様に効果には個人差があり、元々のアレルギー体質やその時の体調によっても効果は左右されてしまいます。
いきなりしっかり使うのではなく、自分の皮膚に問題がないかどうかパッチテストをしてから使う事をオススメします。

スポンサードリンク
関連記事とスポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする