ハウスメーカーの見積もりは無料?何社くらいどのタイミングでがベスト?

住宅展示場で行われる楽しそうなイベントに誘われて行くと、
やっぱりモデルハウスを見学してみたくなりますよね。

一歩足を踏み入れると夢と希望が溢れてきます!!

家を建てる前に必ず取る見積もりですが、ハウスメーカーに見積もりをお願いする時は
地盤調査とかするならその都度お金かかるのかな?とか、
どのタイミングにすればいいのか?何社でもお願いして良いのかよく分からないですよね。

そこで、私の家を建てた時の体験を元にお話ししましょう。

スポンサードリンク
 

ハウスメーカーの見積もりは無料で取れるの?

住宅展示場などを見ると色んなハウスメーカーがあるのが分かると思います。
地元のハウスメーカーもあれば全国展開している超有名ハウスメーカー、
ハウスメーカー並みの技術を持った工務店など本当に様々です。

モデルハウスを見学しているとだいたい営業が声をかけてきてくれますが、
この時点で特に計画を立てている訳ではないと営業もそれ程強くアピールはしてきません。

住宅展示場を何回か訪れると、次第に希望する間取りや好みのハウスメーカーが数社に絞れてくると思います。

この時に、「家を建てたい!!」と強く思うのであれば
ハウスメーカーの営業に無料で見積もりをお願いできるか聞いてみましょう。
大半のハウスメーカーでざっくり営業が見積もりを出してくれます。
(その日には貰えないので数日後に貰えると思います)。

そして、この無料でお願いする見積もりで何が分かるかというと、営業の気持ちです。

我が家は見積もりをお願いしたハウスメーカーの内2社は、
ほとんど相手にしてもらえませんでした。

無料だから相手にしないという訳ではないかもしれませんが、
営業トークのいい加減さを知り信用できないと思い候補から外しました。

家づくりはハウスメーカーや営業と長い付き合いになりますので、
ちょっとでも信用できないと感じたら考えた方が良いと思います。

ハウスメーカーの見積もりは何社取ればいい?

では、気に行ったハウスメーカー全てに見積もりを取れば良いのか?
というとそうではありません。

あまりに多いと私達も判断基準が定まっていないので、
どう絞って行って良いのか分からなくなってしまいます
ので、
建築素材の拘りや耐震・免震などに特化しているか?

など間取り以外の夫婦で譲れない部分を
しっかり実現してくれるハウスメーカーに絞って3社ぐらいに見積もりをお願いしましょう。

何故なら、間取りは打合せの段階でいくらでも変更が可能ですが、
耐震・免震、湿気対策など生活していくうえでどれだけ快適な空間を作れるかは
ハウスメーカーによって得意分野が違うからです。

例えば私達夫婦は家を建てる土地も探していたので
希望する地域にどれだけ土地を持っているのか?
また「震度7の地震に耐えられる」と「壁は珪藻土で湿気を溜めない」では
私の中では震度7の地震に耐えられる方が重要でしたので、
耐震住宅が得意なハウスメーカーと好みの家(間取り)が多かったハウスメーカー2社の
計3社に見積もりをお願いしました。

家が良くても立地条件が合わなければ意味がありませんし、
立地条件にマッチする所に希望のハウスメーカーが家を建てられなかったら意味がありませんからね(^^ゞ

スポンサードリンク

ハウスメーカーで見積もりするベストタイミングは?

家を建てたいと思い始めたらまずは夫婦でどんな間取りにしたいのか
それぞれが希望をリストアップしてみましょう。

通勤時間や公共交通機関までの距離、将来家族が増えた時の簡単なシュミレーションも大事ですよ。

そして夫婦で出しあったリストを話し合ったら是非見積もりをお願いしてみましょう。

ハウスメーカーに見積もりをする前に、だいたい自分達の希望する間取りの家は
平均でいくらぐらいかかるのかが分かってきたら見積もりをお願いするタイミングです。

平均価格が分かっていないと、ハウスメーカーの出してきた見積価格にビックリして
家を建てる気持ちが冷めてしまいますから(笑)

見積もりをお願いする前に、少しは自分達で情報収集しておく必要もありますよ。

注文住宅雑誌を買ってチェックしておくと、見積もりをお願いする時により
自分達の希望に近い間取りで計算してもらえます。

またこの作業が結構楽しいんですよ♪
時に夫婦ケンカの火種になりますが…(+_+)

スポンサードリンク

さいごに

我が家では何の気なしに遊びに行った住宅展示場で先ずは旦那がその気になりました。
その気になった旦那を落ち着かせるために、一緒に住宅展示場に行っていたんですがやっぱり見るたびに妄想が膨らんで…
気付くと雑誌を買ってました(笑)

で、雑誌に夫婦の希望をリストアップしておく事が大事だと書いてあったので即実行!
旦那が思い描いているマイホーム像を知る良いキッカケでしたし、自分の希望する間取りなどが割と定まっていない事にも気づけました(笑)
人生で1度あるかないかの大きな買い物ですから、後悔のないように夢に向かって頑張ってくださいね!!

家の購入に参考になる雑誌や本はこちらをご覧ください♪

関連記事とスポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする