家の購入で参考になる本や雑誌をおすすめポイント付きでご紹介!

家が欲しい!と思った時に一番先に手にするものが住宅雑誌だという人も多いでしょう。
私もそうでした♪
見ていると体験談とハウスメーカー一覧などがあり、色んな情報を得ることが出来ますし自分の好きな時間に見る事が出来るのでとってもお手軽です。

ですが、書店にいくと結構種類が多くてどれを選んだら良いのか分かりません(-_-;)
そこで、いくつかご紹介しましょう!

スポンサードリンク
 

家の購入で参考になる本をご紹介

まず私の失敗談を話したいと思います。
家が欲しいと思った時に迷わず私は書店へ行き住宅雑誌を買いました。
ですが、いきなり間取りやインテリアなどの素敵なビジュアルが眼に入ってきてしまい情報を得るというよりも悪戯に夢を膨らませてしまい実現可能かどうか冷静に判断できなくなっておりました。

なので、まず家が欲しいなぁと漠然と思った時に読んでほしいのが、契約などの流れや建築の工程が分かる本です。

「住む人が幸せになる家の作り方」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

住む人が幸せになる家のつくり方 [ 八納啓造 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/8/24時点)

幸せになる家と言われても、幸せの感じ方は人それぞれですよね。
この本ではおススメの間取りや材木などではなく、心構えや家族との話し合いのポイントなどが多数の事例も掲載されています。
この先始まる打合せや夫婦間の話し合いもストレスが減るかも?!

「マンガ はじめて家を建てました!いちばん最初に読む家づくりの入門書」

活字が苦手な私のような人はこれがおススメです♪
マンガ家のあべかよこさんが住宅コンサルタントの元で1から勉強したそうです。そこで得た知らなきゃ損するポイントが盛り沢山!
楽しく勉強してみましょう。

家の購入で参考になる本のおすすめはどれ?

家を購入するとなるとやはり間取り以外にも勉強しないといけないことが沢山ありますよね。
建築士の話を聞く(読む)のもいい勉強になります。
建築士って空間や建築資材や気候や風土など色んな事を考えて家を設計するプロですもん。
ハウスメーカーの設計士(建築士)の話も聞いていて勉強になるんですよ。
私は、過去に設計した家の中で特に力作はどんな間取りなのか教えてもらったことがあります♪

ということで、おススメ本は
「Lives」(LIVING&LIFESTYLE MAGAZINE)
「i’m home」
「Replan」

この3冊です!

本以外だと、最近はテレビで狭い土地に快適な家を建てた建築士のお宅訪問など面白い番組が沢山ありますよね。
いちばん好きなのが「劇的ビフォーアフター」で、リフォーム後の間取りは工夫が一杯!リアルに住んでいる人が心地よく過ごせる作りになっているので、参考にしやすいんです。

更に「渡辺篤史の建もの探訪」も好きです♪
家族構成が似ていれば、とっても参考になるし聞きにくい家の値段までも知れちゃうし、生の声が聞けるのも良いですよね。

スポンサードリンク

家の購入で見ると良い雑誌は?

色んな間取りを参考にして目を肥やしておきたいけれど、そんな頻繁に住宅展示場へは行けません。
住宅展示場よりは実際に家を建てた人の家を見て使い勝手を聞きたいのが私の本音。
だって、住宅展示場の家は全てハイレベルでリアルな生活を想像しにくかったんですよね。

そこで、見て欲しい雑誌は

「はじめてでも分かる!後悔しない家づくり」
「予算内で賢く家を建てる178のコツ」
「SUMAI住まいの設計」
「プラスワンリビング」

です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

予算内で賢く家を建てる178のコツ 最新版 (別冊Plus 1 living)
価格:1645円(税込、送料無料) (2017/8/24時点)

一般市民の建てた家の紹介や、建築士の建てた自慢の家など様々♪
私は建築士の建てた家に最初は興味がなかったんですが、細かい部分なら予算内でマネ出来るかもしれないと思い読み始めました。
これは、建築士のオープンハウスを見学した時にこれ見よがしに飾っていた本を見ていたら、スタッフさんが読むと参考になりますよと
教えてくれた事がキッカケです。

「SUMAI住まいの設計」は電子書籍でも読めるので通勤時間や休憩時間に読むことが出来ますよ。

さいごに

ハウスメーカーに資料請求をするのも良いのですが、経験上資料請求をしたところでピンとこないんです。
だったら、どこの展示場に行けば良いのか聞いた方が早いし、住宅展示場を片っ端から見学した方が良い事もあります。
我が家は資料請求で気に入ったハウスメーカーがあったんですが、そこの営業マンがローンが通るかどうか仮審査をしてもらって更に希望する地域に土地があるかどうか調べて伺いますと言ってくれたんですが、1度も家には来ませんでした。

その後、色んな雑誌を読んで地元のハウスメーカーに辿り着きました。
とはいえ、地元のハウスメーカーなのでさほどに期待はしていなくて、大手ハウスメーカーも展示されている展示場へ行ったところ地元ハウスメーカーの方が心地よい空間だったんですよね。

雑誌や本で知識を得たら、やはり百聞は一見にしかず!先ずは実際に観に行くことも大事です!
私は雑誌や本は営業マンや建築士に聞きにくい事を知るツールとして活用していました。
何より落ち着いて見れるし、冷静な判断できるのが雑誌や本の良い所です。

夢を膨らませながらも、夢を実現させる為に何はともあれお勉強ですね♪

スポンサードリンク
関連記事とスポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする