40代女性が疲れたぁ~って時におすすめのサプリメント!

今感じている疲れが今よりも溜まってしまうと、仕事も家事も育児など色んなことに支障が出てきますよね。
たとえ支障が出ていても、それでも頑張らないといけないのが女性の辛いところ!

ですが、疲れをそのまま放置していても生活環境を変えない限り解消される事はほとんどありません。
食生活に気をつけようにも、一日三食すべてに気を付けるのは意識の高い人以外はそれなりにストレスに感じますよね。

そこで、簡単に不足した栄養素を補助してくれるのがサプリメント!
疲れたときにおススメしたいサプリメントをまとめてみましたよ♪

スポンサードリンク
 

40代女性が疲れたときにおすすめのサプリメント

私達が感じている疲れには大きくわけて3パターンあります。

疲れのパターン1
1つは「身体的疲労」これは仕事や運動などによる身体の痛みや重み、そして怠さを感じる疲れで、しっかり眠るなど身体を休ませる事で
解消していきます。

疲れのパターン2
もう1つは「脳疲労」これはスマホやPCを長時間見るなど、外から入ってくる情報を整理しきれずに脳が疲れてしまう事による疲れです。

疲れのパターン3
そして「精神的疲労」いわゆるストレスというものですね。

また、これらの疲労に大きく関係しているのが「活性酸素」
本来、細菌をやっつけてくれる頼もしい存在なのですが、細菌を酸化させてやっつける力が強いので活性酸素が大量に発生すると正常な細胞まで攻撃してしまいます。

正常な細胞が減ってくると身体を維持する力が足りなくなってしまい、「疲れ」を感じます。
つまり、3パターンの疲労により睡眠不足や免疫力の低下などによって活性酸素が増加し、細胞が次々と攻撃されてしまい貴女の体の中では人手(細胞)不足に陥り残業しても残業しても身体の機能の回復が追い付かずどんどん疲れが溜まってしまうのです。

ということは、活性酸素が増えてしまう事を防ぐ事が出来れば疲れは今以上に増える事はないんです。
「抗酸化成分」で疲れが蓄積する事を防ぎ、細胞のエネルギーの補助をする「エネルギー生産」で疲れを早く取り除く事が重要。
とはいえ、食生活で抗酸化成分とエネルギー生産が出来る栄養素を選び栄養素が調理過程で減少しないように効率よく摂る事は素人の私達には知識が少なすぎて難しいですよね。

そんな時に「サプリメント」を活用しましょう。

スポンサードリンク

効果別サプリメントの種類(成分)

抗酸化成分が含まれているのは「緑茶カテキン」「リンゴポリフェノール」「ビタミンC」「ビタミンE」
エネルギー生産の補助が期待できるのが「クエン酸」「オルニチン」「Lカルニチン」「ビタミンB誘導体」
なんとなくサプリメントの売り場で見かける言葉が多いですよね。

これらのサプリメントを飲んだからと言ってズバっとスパッと疲れが消えるわけではありません。
(消えたらむしろ怖い!)
長い目で見て、気づけば最近疲れにくくなったなーといった長期戦バージョンです。

もう少し早く疲れを取りたいんだよねという人にはこちら。
疲れたときは「お酢」が良いと聞いたことあるかと思います。
酢の中でも黒酢は必須アミノ酸が豊富で普通のお酢より効果が高く、疲労回復に欠かせない栄養素です。
またスタミナと聞いて思い浮かぶのが「にんにく」という人はかなり多いとおもいます。

疲れたときにニンニクが効いた食事を摂ると翌日ちょっと元気になっていたりしますよね、
にんにくにはアリシン(アミノ酸)が豊富なのでこの2つを組み合わせた「黒酢ニンニク」は疲労回復のスーパースターと言っても過言ではないでしょう。

元気になれると分かっていてもニンニクなど香りの強い食材を食べると口臭も気になりますし、人によっては胃腸がダメージを受ける事も
あります。
(私はニンニクを食べると下痢になるので、ニンニクは食べられません)
そんな時は臭い成分がないサプリがおススメ!
先ほど書いた「黒酢ニンニク」がそうですが、この組み合わせは様々なメーカーが作っているので無料お試しを活用して自分に合うタイプを選んでみましょう。

黒酢にんにく

また酵素も効果があるのですが、こちらも種類豊富で詐欺っぽいサイトで「芸能事務所御用達」「芸能界のお墨付き」といった根拠が分からないけれど、どことなく説得力のあるキャッチコピーのメーカーもあるので要注意ですよ!

サプリメントを多種類飲むのは面倒だという場合は、市販薬(第2類指定医薬品や第3類指定医薬品)を選ぶのもアリです。
例えばCMでお馴染みの「Q&Pコーワ」「アリナミンEX」など。
そして、栄養ドリンクで様子を見るのも勿論アリですが、頻繁に飲むと効果があるのかどうか分かりにくくなってくるので疲れを感じなくなってきたら飲むのをちょっと休憩しましょう。

さいごに

サプリメントは怖いぐらい安い物が時々ネットで売られているのを見ますが、効果がある物がそんな安価なはずはなく安価で売れるカラクリが必ずあるんですよね。
なので、あまり聞いたことがないメーカーや入っている成分に疑問がある場合はドラッグストアや薬局で相談してみると良いですよ。

疲れたときって何もしたくないのが本音ですよね。
サプリより何よりも誰かが家事を代わりにやってくれる方が嬉しいんですが、そうはいかず・・・
もうひと踏ん張りをあとどれぐらいすればいいのやらといった状況の人が多いと思います。

サプリメントや市販薬で少しでも疲れを解消して、お互い元気な1日を過ごしましょう!

効果別サプリメントの種類(成分)
抗酸化成分が含まれているのは「緑茶カテキン」「リンゴポリフェノール」「ビタミンC」「ビタミンE」
エネルギー生産の補助が期待できるのが「クエン酸」「オルニチン」「Lカルニチン」「ビタミンB誘導体」
スポンサードリンク
関連記事とスポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする