40代疲れが取れない女性がしている3つの共通点とは?

40代になると「更年期障害」という言葉を実感する人とそれとは無縁で元気な人とに分かれます。
必ずしも女性の全員が更年期障害で辛い思いをする訳ではありません。
40代前半はまだ更年期障害が始まっている訳ではなく、どちらかと言えば準備期間の「プレ更年期」状態です。

疲れが取れない事を悩んでいる貴女!
もしかしたら更年期障害ではなく、身体を疲れやすくしているだけかもしれませんよ?!

疲れが取れない人と疲れ知らずな人の違いって何だと思いますか?

疲れが取れず不調を感じるのは、大半が自律神経の乱れです。
40代ともなれば「更年期障害」が影響していると思いたいところですが、更年期障害も自律神経の乱れが一因となっているので、自律神経が乱れるような生活を送っている事が原因になります。

疲れが取れない人の一日の流れとしては、疲れているから朝からダルダルで、ついついギリギリまで布団の中にいる。
そして、疲れているからか料理が手抜きになり朝ごはんも適当に食べたり食べなかったり・・・
仕事帰りは更に疲れが酷くなっていて、夕飯は惣菜で済ませてシャワーを浴びて帰宅の遅い旦那をソファでダラダラしながら待つ。

疲れ知らずな人との違いは「規則正しい生活で早寝早起き」「栄養バランスのとれた食事」「有酸素運動」をしているかしていないかです。
疲れているからこそ、栄養バランスの取れた食事をする事が大事ですし、早寝する事で身体も脳も疲れを癒す事が出来るんです。

「規則正しい生活」
といっても全員朝6時までに起床し夜は10時までに寝なさい!という訳ではありません。
人それぞれの事情というのがありますので、必ず睡眠時間を6時間は最低でもキープさせるように日々決まった時間に起きましょう。
難しく考える必要はなく、ただいつもより30分早く寝起きしてみて少しずつ調節をしてみてください。
そして、大事なのは休日だからと言って起きる時間を遅くしたり夜更かしするのはNGですよ!

「栄養バランスのとれた食事」
作るの面倒くさい!考えて作る気力があったら疲れたなんて言ってない!と言いたい気持ちはよくわかります。
ですが、今日の食事は未来の自分を作ります。
面倒でも惣菜に頼って揚げ物や肉類が多くなり野菜が不足するのは良くありません。
スタミナを付ける為に豚肉!と考えがちですが、豚肉と一緒に是非野菜も摂りましょう。
これからの季節にオススメなのは「温奴」です。

スポンサードリンク

冷奴の方が冷たくて喉越しが良いんですが、やはりレンジで30秒~1分程チンして薬味を乗せて食べると程よい温さで美味しいんですよ。
プレ更年期の世代は特に大豆製品を意識して摂る事をオススメします!
また冷たい食べ物や飲み物は摂り過ぎれば体を冷やして代謝が悪くなってしまうので、注意しましょうね。

「有酸素運動」
と聞くと耳を塞ぎたくなる人もいるかもしれませんが、疲れを理由に動かない為に筋肉量は順調に減り、更に疲れやすい身体になっていっているのです。
疲れていると運動する気になんてなれませんが、今のままでは確実に更年期障害は本格的になってしまいます。
早起きして15分~20分でも良いので、ウォーキングしてみませんか?近所を歩くなんて恥ずかしい!場合は駅から会社まで早歩きをしてみるとか、朝ヨガをしてみるのもオススメです。
ラジオ体操をするのも気持ち良いですよ(私はリビングでNHK朝の体操を録画したのを見ながらやってます♪)

これは私の体験ですが、ダラダラしている時と言うのは呼吸が浅くなりがちなんです。
しっかり深呼吸をしてみて咳き込んだりしませんか?もし咳き込んだ場合普段から酸素が足りていない可能性があります。
私も以前「自律神経失調症」と診断された時、呼吸が浅い事を指摘されました。

不調のほとんどが自律神経が原因と言っても過言ではありません。
なぜなら、ストレス(対人以外も含めて)を感じると自律神経が乱れます。
そうすると、女性ホルモンの指令が狂ってしまうため女性ホルモンが影響を受け乱れてしまい、更年期のような不調が現れます。
生理不順もその一つですね。

疲れを感じたり、疲れが取れないと感じた時こそ深呼吸をするようにしてみてくださいね。
仕事の休憩時間でも良いですし、朝起きた時や寝る前でも良いので、一日に数回深呼吸をして体に酸素をしっかり送ってあげてくださいね。

さいごに

私は30代最後に滑り込みで出産をしたので、前半の子育ては更年期障害と戦いながらになるかと思っています。
実の母が更年期障害が酷かったので、私も酷くなるのではないかという思いと我が子は私が更年期障害になる時まだ幼いので
情緒不安定でイライラして子供や旦那に当たる姿を見せたくないし、傷つけたくないという思いがあります。

なので更年期障害を酷くしない為にも、今出来る事はしっかりしておきたいと思っています。
女性ホルモンが減っていくのは仕方がない事ですが、これからも沢山子供と遊びたいし色んな事をしたいのでやっぱり
元気が一番ですよね。

スポンサードリンク
関連記事とスポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする