40代後半疲れをとる方法は?やる気が出ない訳ではないのやれないの!

40代に入った頃以上に疲れやすく、疲れが取れにくくなってくるのが40代後半。
体調が優れない日も多くなり、なんとなくだらだらと過ごして気づけば一日が終わろうとしている休日も少なくありませんよね。

翌日に少しでも疲れが取れていれば、もっと違う一日が過ごせるのにと思いませんか?
疲れ知らずの身体を目指すのではなく、少しでも疲れが取れる過ごし方をご紹介します。

スポンサードリンク
 

40代後半疲れをとる方法は?

40代でもガッツリ子育てをしている人もいれば、子育てがひと段落している人、第二の子育て(孫)がスタートしている人もいて、ゆっくり穏やかな時間を過ごせている人は少ない年代なのが40代ですよね。

なので、自分の時間を削って家族の為に日々奮闘していて、自分の時間といえば寝る前の僅かな時間だけで、自分の身体のメンテナンスをする気力も体力もないまま夢の中にということも少なくないかと思います。

疲れは身体からのSOSで、軽い疲れは休息や睡眠でどうにか解消することはできます
ですが、自力ではどうすることもできないのが女性ホルモンの低下です。

歳を重ねるごとに基礎代謝は低下し、女性ホルモンは閉経に向けて減少していきます。
早い人で30代後半から更年期障害が現れ、40代後半はまさに更年期も後半に差し掛かり更年期の次に訪れる円熟期に向かおうとしている段階です。

特に40代後半となると、家族の関係にも変化が出てきます。

例えば子供の進学、結婚、出産、自分や旦那の親の介護などなど、これまでと違った家族の関係やライフスタイルに変わってきます。
すると、精神力や気力、体力ともになかなか自分が思っているようにいかなくなって、イライラしたり落ち込んだりしてしまいます。

女性ホルモンが減少することで女性ホルモンと自律神経、視床下部の関係が影響を受けてバランスを崩してしまいます。

すると、身体は全部の機能を使って乱れた状態から正常な状態に戻そうと頑張るので「疲れ」を感じやすくなります。
更年期中の疲れは「何もしていないのに疲れる」のではなく、身体が頑張っている証拠なんです。

ですが、疲れているからと休みの日にダラダラと過ごすのはダメ!
かといって、不調を感じる前の頃のようなスケジュールもダメ!
時間と気持ちに「ゆとり」が持てるような生活をしていきましょう。

その為にも、規則正しい生活は基本中の基本になります。

子供の頃にしていた「早寝早起き」は大人になると様々な事情から継続困難になってきますが、不調を感じている今だからこそ「早寝早起き」を実践しましょう。
早起きしている人は多いんですが、早寝はできていなかったりしますよね。「遅寝早起き」は適正な睡眠時間が取れていないので、身体と脳の疲れを取る時間がありません。

睡眠時間は7時間は確保したいところですが、なかなか寝付けない日もあるでしょう。
そんな時は、パートの休憩時間や食事を作る前のちょっとの時間に仮眠してみましょう。

そして仮眠をとる時間が作れるようにスケジュールを詰め込むことは避けましょう。
これは私の母親が更年期後期に医師からのアドバイスでしていた事は「何もしない時間帯」を作ることです。
この「何もしない時間帯」はそのまま何もしないでぼーっと過ごすのも良いし、仮眠にしたりジムに通ったりマッサージを受けに行っても、趣味や好きな事をするのもOKです。

私の母親は仕事が休みの日に「何もしない時間帯」を作っていました。
この時間帯は私と姉が家のお手伝いをする時間でもあり、母親の邪魔をしない時間でもありました。
これだけで、全然違うと母親は言っていました。

今はネットで調べれば更年期に効果のあるサプリメントが数多く出てきます。
そして、嘘くさいサプリメントも数多くあり口コミだけでは判断し難いのが現状です。
ですが、自分の身体をメンテナンスする時間帯というのは不純物が一切ない安心で安全なものです。

更年期の疲れは長く続くし、寝ても疲れが解消しにくいのが特徴です。
なので、疲れを取るというよりは疲れにくいゆったりした時間を過ごすことが一番効果的だと思われます。
その上でサプリを活用すれば、よりハツラツと過ごすことができるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

40代後半はやる気が出ない訳ではない、やれないの!

便利な今の時代、買い物だって「買い物代行」や大手スーパーだとネットで注文してその日の夕方には食材を届けてくれるサービスも
あります。
また献立があらかじめ決まっている「食材宅配」や生協の宅配サービスを活用するのも有効な手段だと思います。
ですが自分の目で鮮度を見てからと思う人も多いかと思います。
私もその一人でしたが、生協を活用していて鮮度のない野菜や果物が届いたことは一度もありません。
むしろ、鮮度も果物の糖度も申し分なく自分で選ぶより断然良かったので試してみる価値はあると思いますよ。

そして、不安なのは「怠けている」と家族に思われることではないでしょうか?

特に何もしていないのに、気力がなく身体が怠くぼーっとしている姿は何も知らない人が見れば「怠けている」と映るでしょう。
ですが、家族にはきちんと今の自分の状況と自分の意志ではどうにも出来ないことを伝えておく事が一番です。

自分だけ耐えて頑張れば済むという時代はもう終わりです!
ガンガンに家族を巻き込んでいきましょう!





さいごに

更年期は様々な不調に見舞われ、ベストな体調の日が少なくなる時期でもあります。
ですが、悪いことや嫌な事というのは長くは続きません!
必ずまた元気に動ける日が戻ってきますよ。

私が40代後半になったとき子供は小学生です。
まだまだ大人の手が必要な年なので、更年期に負けていられない(笑)
体力づくりにジムに通う余裕もないので、食費の節約と運動を兼ねて家庭菜園と庭造りをしています。
庭の草むしりは下半身の強化と二の腕シェイプに繋がりますし、花が咲けば気分も良い、野菜が実れば食費の足しになるしちゃんと育てられたという満足感も得られます。

何かと健康に敏感になる年代でもあるのか、今「酵素」が気になり始めています。
産後の体力回復にと飲んでいた「万田酵素」を再び続けてみようかと思い、お財布と相談してみようと思います♪

スポンサードリンク
関連記事とスポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする