革靴にカビ捨てるしかないの?対処方法や水洗いについて!

革靴を履こうと思ったら何だか埃がついているのか?
白っぽく見える…それは埃じゃなくて白カビですΣ(´∀`;)

私はブーツや冠婚葬祭用のパンプスでたまにカビを生やしてしまいます(笑)

ですが、一度カビが生えるとどうしていいのか分からず捨ててませんか??
捨てる前にぜひやって欲しい対処法をご紹介しちゃいます!!

スポンサードリンク
 

革靴にカビが生えたら捨てるしかない?

結婚前に夫婦それぞれが購入していた冠婚葬祭用の革靴とパンプスが、
新居への引っ越し作業時に白カビに絶賛襲われ中なのを発見!!

捨てる?
捨てない??

でかなり悩みましたが、どうせ捨てるなら捨てる前にちょっと足掻いてみようと調べてみました。
すると、なんだか捨てなくても良いような記事がたくさんあります!!

・プロに任せる
・靴専用の洗濯機で洗う(嘘みたい!!)
・カビを頑張って除去する(正しいお手入れを行う)

例え最終的に捨てるんだとしても、
スニーカーじゃあるまいし革靴を水洗いってヤバいんじゃないの??
とビビり断念。

プロに任せようにも、身近にプロがいない(笑)
という事で、ネットで詳しく自分で出来る方法を調べた中でも、
靴の専門家のほとんどが進めているカビの除去方法が最善策でした!

つまり、革靴にカビが生えても諦めて捨てないで!!
まだ革靴が生まれ変わるチャンスがあります!!

スポンサードリンク

革靴のカビの対処法は?

じゃあどうやってカビを落とすのか?
対処法をまとめてみました。

まず濡らした布を固く絞り、アルコールスプレーを布に吹き付けて靴を吹きます

この時使うアルコールスプレーは一番良いのは靴専用なんですが、
あまり常備している物ではないのでその場凌ぎで台所用の除菌スプレーでも代用できます。
(私は台所用を使い、今では100均のを使っています)

そしてカビが吹き取れたら次に靴の中にしっかりと新聞紙を詰め込んで、1~2日ほど陰干しをしましょう。
靴を立てかけておくと風の通りがよくなりますよ。

しっかり乾いた数日後に、今度は靴墨とウエス(布)と靴用のブラシを用意します。
(靴を乾かしている間に靴屋さんでお手入れセットを購入しておくと便利です)
靴墨をウエスにとり、丁寧に塗り込んでいきます。
ソールと革の境目にはブラシを使って下から上へ塗り込んでいきます。

靴墨を塗り終えたら、次はブラシで更に塗り広げていきましょう。
仕上げにウエスで余分な靴墨を拭き取りつつ、艶を出して完成です♪

手順としてはとっても簡単なのですが、靴のお手入れセットがないとはっきり言って困ります。
私も最初は持っていなかったんですが、購入しました!
あると本当に便利ですよ。

この方法で全く落ちない時は…
もしプロがいればプロにお願いしちゃいましょう!

プロが居なくて、頑張ったけれどカビが落ちなかった時は
今まで頑張ってくれた革靴にお礼を伝えて、さようならをしましょう。

革靴にカビ水洗いは大丈夫?

先ほどカビの対処方法に水洗いがありましたよね、
これね調べてみるとカビに快適な空間を与えてしまうだけなんですって!!

カビは湿気が大好きですので、水洗いなんかしたら余計に湿気ちゃう!!
なので、水洗いをする時はまずは先ほどご紹介したようにカビを取り除きましょう。

そして水洗いですが、一番良いのは専用の洗剤を使う事ですがなければボディソープでも良いです。

革紐があれば外し、中敷きも取り出して
靴の中に入り込んでいる糸くずや埃などのゴミをブラシを使って掻き出しておきましょう。

そして革靴は決してスニーカーみたいにゴシゴシ洗わず柔らかいスポンジで優しく洗いましょう。
洗い終わったら、靴の中に新聞紙もしくはシューキーパーを入れて型崩れを防ぎます。

直射日光は革靴が劣化してしまうので風通しのいい場所で
陰干しを3日ほど行い完全に乾かせばカビの心配もありません。

仕上げに靴用のクリームで油分を補い保湿をして、艶が出るように薄めに数回塗り込んでいきます。
これで完成!

ただ、革靴の水洗いは何度も行わない方が良いそうなので
カビが生えないように日ごろから靴のお手入れをしましょう。

さいごに

個人的にはどうしてもスニーカー以外の特に革靴は水洗いをする勇気が持てず、
頑張ってカビ取りをする方を選んでしまいます。

何よりも、靴にカビが生えないように日ごろからお手入れをきちんとすれば良いんでしょうが(笑)

脱いだばかりの靴を下駄箱に入れてはいけないと知ると、
2、3日玄関に出しっぱなしだったり(;’∀’)

こまめに靴クリームを塗らなかったりと、
お手入れの頻度にもムラがあるので今年こそは反省しよう!!
と誓ってもうすぐ半年…
梅雨を無事に乗り切りたいと思います!!

スポンサードリンク
関連記事とスポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする