女性の40代後半に疲れやすい体を回復する方法は〇〇をやらないこと!?

スポンサードリンク

40代も後半にさしかかると、あまりの疲れっぷりにため息が無意識に出てしまう事も増えてきます。
そして、一度座るともう立ち上がる気力がなく座りっぱなしになりやすくなりますよね。

疲れていても我慢して家事をして、ジワジワ疲れが溜まっていることが分かっていても、何をしたら良いのか、何をするべきなのか考える事すら面倒になってきます。
そうなる前に、少しでも体を回復してあげる簡単な方法をご紹介します。

スポンサードリンク
 

女性の40代後半に疲れやすい体を回復する方法

30代になったとき、20代とは違う疲れを感じ始めましたよね。

そして、40代になると今度は夜更かしが出来なくなってきて、毎週末遊びに行くなんてハードスケジュールを組まなくなり、土日のどちらかは予定を入れないなんて事も増えてきます。

子供が成長して小学校へ入学するころには、日曜日が家族で遊びに行く日になり疲れた体を引きずって月曜日を迎えます。

それでも40代前半ぐらいまでなら、どうにか乗り越えられていた事が40代後半になると元気な人達だけで行ってらっしゃい状態になりますよね。
それで良いんです!

子供は子供達で遊べますし、夫婦でゆっくり家の中で過ごしても良いんですよ。
疲れているという事は身体から「休息して」と指令が出ているので、ここで命令無視をすれば辛い思いをするのは私達です。

疲れていると少しでも眠ってたいですが、起床時間を変えるよりは就寝時間を変更しましょう。
体が休息を欲しているという事は、睡眠による疲労回復が追い付いていないという事です。
私たちの身体はただ布団の中で眠れば疲れが回復するわけではありません。

家族が一緒にゆっくり過ごせるのは夜なので、ついついテレビをいつまでも見ていたり、テレビを見ながら家族と会話をしています。
例えば、旦那さんはテレビを見ながら家族と会話をし、妻は家族と会話をしつつ旦那さんのビールを取りに行ったり、おかわりを注ぎに行ったり、子供はご飯を食べながらテレビを見ながら、両親と会話をするといったながら食事をしがちです。

そして、テレビをお風呂に入る直前まで見て、お風呂上りもテレビを見ながらスマホをいじる。
これではリラックスしているようで身体は全くリラックスできていません。

何か一つでも「ながら」をやめてみましょう。

そして、お風呂に入るときはぬるめのお湯にゆ~っくりつかりましょう。
ゆっくりお風呂に浸かることで、身体の一番奥深い部分が温まってきます。
そして、お風呂から上がると上がった体温が徐々に下がってきて眠気がおきます。
この時に布団に入れるといいタイミングで眠りに入ることができるんです。

他にも、体温を1℃上げる「温活」もおススメの方法です。
体温が1℃上がれば免疫力はグンと上昇します。

免疫力と疲れがどう関係があるのか疑問に思いますよね。
免疫力が上がれば代謝が上がり、代謝が上がれば血の巡りが改善されます。

じわっと汗をかくぐらい長くお風呂に入ったり、軽い運動をするのも効果的。
長湯は逆に疲れるという人は足湯でも良いので、まずは身体を温めてあげましょう。
あとは、生姜など身体を温めてくれる食材を毎日の料理に入れてみるなど無理のない範囲で長く続けます。

それすらも面倒な時は、「白湯」です!
1日少なくても3回は白湯を飲みます。
テレビでも若々しい元気な40代~50代女性の大半が白湯を飲んでいると言われているぐらい、白湯はお金がかからない若返り方法♪

まずは朝起きて朝食前にコップ一杯飲んで、お昼ご飯前や夕飯前、寝る前に飲んでみてください。
肌も若返るし、代謝も上がるし、何よりも安眠効果もあるので疲れが溜まった時は良質な睡眠がとれますよ。
私も実践していますが、便秘をしなくなり肌荒れも激減!末端冷え症もかなり改善されているのでおススメです!

そして、私が愛読している「ウーマンウェルネスラボ」の福田千晶医師のコラムに書いてあるんですが「やらない」という選択肢を持つこと。
疲れている時に無理をして頑張ったって、良い事はありません。
今日しなくていい事は明日する!
疲れた体を回復しないといけない時に、家事をきっちりやってる場合じゃない!
旦那の話し相手をするために夜遅くまで起きて待ってる場合じゃない!という事です。

今日お皿を洗わなかったからといって明日ものすごく困りますか?(手間は増えますが…)
今日旦那と話さなかったからと言って旦那が物凄く気分を悪くして離婚の危機を迎えますか?(疲れた時に早く寝たからって離婚だと言う人とは死ぬまで一緒になんていられませんよ…)
私はこの言葉ですっごく気持ちが楽になり、疲れている時は旦那がお風呂に入っている時でもドア越しに「おやすみ」を伝えてさっさと寝室に行くようにしました。
このスタイルはこれから迎える更年期、老年期(円熟期)も続けていきますよ!

さいごに

私たち女性はとにかく家事と認識されていない家事が多い!
更に外へ働きに出ていればどれほどの労働時間でしょう?!

更年期と言われている40代は心にも身体にも優しい時間を過ごす事が大事なんですよね。
好きな事でもストレスを感じることはあるし、これまで当たり前にしていた家事を今更「やらない」なんて選択肢はあり得ないと感じる人もいるでしょう。
違うんですよ、選択肢を増やすだけで気持ちが全然違うんです。

「やらなくてもいいか」と口に出したり、心で思うだけで良いんです。
「やらなきゃ」と思い詰めるより全然疲れ方が違いますよ!

スポンサードリンク
関連記事とスポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする